耳鼻咽喉科での治療


喉の痛みがひどくなった場合は、耳鼻咽喉科を受診して診てもらう必要があります。

のどの炎症の場合、急性的なものだったのが、慢性的なものになってしまうこともあります。

そのため、できるだけ早いうちに耳鼻咽喉科の医師の診療を受けることが大切です。

その結果、風邪などの病気が判明した場合は、必要に応じて解熱鎮痛薬やフロモックスなどの抗生物質の処方を受け、早めに治すことが重要となります。

sponsored link


耳鼻咽喉科では実際にどんな治療を行うの?


耳鼻咽喉科での治療は、喉や鼻から、細い管を入れ、治療を行うため、それ自体を嫌がる方も多いでしょうが、治療としては、非常に有効的なものであり、管も、以前のものに比べると、大変細くなっており、はじめは嫌がっていた方も、安心して治療を受けることができるようになります。

その他、耳鼻咽喉科での治療としては、内視鏡による検査、のどへの、首(外部)からの触診がありますが、内視鏡を嫌がる方も多くいらっしゃるでしょうが、内視鏡も以前より、たいぶ進歩しており、細くなっており、あまり怖がる、または敬遠する必要もありません。

のどの痛みといえば、耳鼻咽喉科の医師は専門家ですから、安心して治療を任せられるというメリットが、もちろんあります。

sponsored link



このページのトップへ戻る


当サイトへのお問い合わせはメールにて以下までお願いいたします。

nodojiten☆gmail.com

※上記アドレスの『☆』を『@』に変更してください。

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

copyright©2009-2010  【喉の痛み辞典】-のどの痛みの原因と対処法  All Rights Reserved